石川県IT総合人材育成センター

講座情報

サイバー攻撃におけるインシデント対応 ~疑似環境を用いた解析~【15102】

  • 2019年8月7日(水)
  • 1日間

サイバー攻撃を受けた場合のインシデント対応方法を学習します。はじめに水飲み場型攻撃や標的型メール攻撃などのサイバー攻撃手法を学び、疑似的な攻撃を行います。そのうえで攻撃を受けた環境を用いて、データの保全や解析を行い、侵入経路や被害状況を究明する手順を学習します。

※研修日程・講座内容は、変更する場合があります。

受講申込はこちら

対象者

情報システム部門の方、セキュリティ管理部門の方、サイバー攻撃対策部門の方


前提知識

ハードウェア、ネットワーク、OSなどの基本的な知識を有すること


到達目標


講座内容

第1章 サイバー攻撃の現状を理解する
1.1 サイバー攻撃の実態
1.2 サイバー攻撃の傾向
1.3 サイバー攻撃の実例
第2章 サイバー攻撃の手口を理解する
2.1 事前調査
2.2 標的型メール攻撃による侵入
2.3 水飲み場攻撃による侵入
2.4 C&Cサーバによる遠隔操作
2.5 攻略したパソコンを経由した内部侵入
第3章 インシデント対応を理解する
3.1 インシデント対応とは何か
3.2 インシデント対応の手順を理解する
3.3 インシデント対応における留意事項を理解する
第4章 インシデント対応を疑似体験する
4.1 インシデント対応の疑似体験実習
第5章 サイバー攻撃に備える
5.1 3つの対策

受講申込はこちら
日程 2019年8月7日(水)
期間 1日間
時間 09:00~17:00
会場 当社研修室
受講料 100,000円(税別)
注意事項
講座パンフレット パンフレットを開く
受講申込はこちら

講座内容を詳しく知りたい方、カスタマイズ研修をご希望の方はお気軽にお問い合わせください。